炭酸シュワー日記

炭酸飲んだ時みたいな爽快な気分で書いていこうと思います。

patersというパパ活アプリでネットワークビジネス勧誘を受ける

patersというパパ活アプリがあります。ええ、そうなんです。パパ活専用のアプリなんてものが存在するのです。アップルの審査も通っているアプリです。

paters.jp

ワンランク上・・・というキャッチコピーが適切かどうかはわかりません。というのも実際に登録してみると、結局はお金が欲しい女の子達による親父ハンティングサイトでしかないからです。

写真がないとなかなか反応がないかもしれませんが、ちゃんと顔写真を載せておくと、かなり反応があります。あと、自己紹介も何か書いておいた方がいいでしょう。どこで働いているとか、ちょっとした趣味とか、好きな女の子のタイプとか。

これまで登録したマッチングアプリの中でも反応率はぴか一かもしれません。毎日誰かしらがプロフィールを見てくれます。

よくあるマッチングアプリにあるように、お互いがいいねをしたら会話をすることができます。お互いの1通目は無料で読むことができます(送ることができます)。1往復だけは無料ということです。しかしそれ以上のやりとりをしようとすると有料会員にならないといけません。この代金が結構高く、月1万円です。複数月申し込むともう少し安くなるかもです。おそらく男性のみ有料会員になることが必要ですね(汗

そして有料会員になると、マッチングした女の子とメッセージのやり取りを継続することができます。

驚愕のメッセージ内容

メッセージ内容は驚愕なものでした。プロフィールを読み、良さそうだなって思う子にいいねをするので、すこしわくわくしながらメッセージのやり取りを始めます。しかし、その淡い期待はすぐに打ち砕かれるのです。

大胆?な子は最初のメッセージで、こんなのを送ってきます。

「お茶1、お食事2でどうですか?」

 

つまり、お茶するなら1万円、食事するなら2万円払え、ということです。もちろん食事代は男持ち。

ん?

ん?

なんでそんな金払わないいけないんだ?そんな考えがひたすら頭の中を巡ります。食事おごってさらにお金を払う?

このお金は通称お手当てと呼ばれます。人によっては交通費、お足代と呼んでいたりします。

女の子によって様々ですが、だいたい1万円前後を要求してきます。これがパパ活の実態です。

長くなったので、ネットワークビジネスの勧誘についてはまたの機会に。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カカオニブとチョコレートとアーモンド

カカオニブを食べ始めました。

タイトルはこれまでの変遷を逆に並べてます。まず最初に大量摂取し始めたのがアーモンド。ビタミンEがたくさん入っているということで、ぼりぼりぼりぼり。よーく噛んで食べると甘みを感じることもできるんです。アーモンドって。

 

 

次がチョコレート。でも甘いやつじゃなくて、カカオ高め、それも100%だから一切砂糖は入っていません。15年くらい前に食べたときは、およそ食べられるものではないと思ったくらいにまずかったカカオ100%チョコ。当時は興味本位で買いました。周囲の人にあげたら、これまた誰も食べられないくらいにまずかった。

しかし、なぜか最近はおいしすぎて止まらない。苦味が最高においしいんです。ちなみにカカオ100%のチョコレートは国内の店舗で買うとかなり高いです。1個700円とかします。カカオの数値が70%とかになってもだいたい同じくらい。だからカカオ100%チョコレートはいつもiherbで買います。

 

カカオ100%チョコレート

注意したいのは、6月から10月までは気温の関係で配送ができないらしく、販売されないことです。定期的に注文したい場合は要注意ですね。しかし、すごくおいしいので、オススメ。

 

そしてカカオニブ。

元々はチョコレートと一緒です。そしてチョコレートになるまでには相当な工程が必要とされます。なので、カカオニブはそういった工程を経ていない原料のようなものと理解しておけばいいでしょう。加工してもおいしいけど、加工しなくてもおいしいですし、その健康効果的なものはいろいろなところに書かれてます。食物繊維だとかポリフェノールだとかね。

でもなによりも、ぼりぼりと食べれる食感が好きですね。スナック菓子なんかを食べるよりも食べ応えもあるし、あのスナック菓子を食べているときの満腹感のようなものも得られてしまうから一石二鳥。

そして、スナック菓子を食べたときのように糖分がないので、虫歯になる心配もありません。まさにぼりぼりと食べることができるのがカカオニブ。どうやら大量に食べ過ぎないほうがいいという情報もありますが、そこまで食べれないからご心配なく。

糖分を含んでいないから、少しくらいこぼしたって虫がわくといった心配もありませんよ~

 

 ヨーグルトに入れて食べたりするとちょうどいいかもしれません。コーンフレークが好きな人にはきっと気に入ってもらえると思いますよ!

 

本田圭佑はなぜJリーグではなくAリーグを選ぶのか

www.footballchannel.jp

「サッカーを続ける目的を決めた。そして2,3日中に次のクラブを決める。」

動向が注目されていたケイスケホンダこと本田圭佑がこうツイートしました。報道ではAリーグ、つまりオーストラリアリーグのメルボルン・ビクトリーと契約間近だといいます。

恐らくヨーロッパやアメリカ、中国からも誘いはあったと思われるだけに、なんだかAリーグというのは驚きです。

Aリーグの観客数

出典:各国サッカーリーグ 観客動員数の推移 - ULTRAZONE

これは各国リーグの1試合当たりの観客数を比較したものです。ヨーロッパの主要リーグ、移籍の噂もあったMLS、中国リーグそしてJリーグも入っています。Aリーグは一番したの折れ線です。1万人/試合前後といった感じでしょう。

 

以前在籍したセリエA、メキシコリーグ(MEX)はいずれも2.5万人前後です。Jリーグは1.75万人前後を推移してます。

つまりAリーグは世界でも観客数の点ではかなり劣っていると言えます。オーストラリアの代表選手で国内リーグでプレーする選手はわずかです。

そんなAリーグでプレーするのはなぜでしょうか。

ビジネス観点か

article.auone.jp

東京オリンピックオーバーエージ枠(OA枠)で狙っているのではないか。こんな報道もありました。おそらく無いでしょうね。というか本田が入ったらチームとしてもやりづらいでしょう。良くも悪くも影響力の高い選手です。さらに最近は走れないことが顕著ですから。。

他の可能性としてビジネス視点が挙げられます。しかしこの観点であればアメリカ、MLSでプレーしたほうがいいです。

www.goal.com

投資先もアメリカに絞るといっていますし、タッグを組んだウィルスミスもアメリカが拠点です。

昨シーズンメキシコのパチューカでプレーしたのには目的があったと言われています。それは高地でのプレーで心肺機能を高め、W杯で最高のプレーを見せること。これは成功したといってもいいでしょう。

しかし今や次回W杯への出場は考えていないと本人が発言していますし、日本代表からの引退も発表しました。となると、次の目標は何になるのでしょうか。あえて観客数やサッカーへの影響が小さいAリーグを選ぶのは、逆にそういったリーグを盛り上げることで世界のサッカー勢力図を塗り替えることを目論んでいるのでしょうか。

近日中に移籍決定の発表がなされるでしょうから、そこでどんなことが語られるか注目しましょう。

ヘッドスライディングで巨人吉川尚が骨折は防げたはず

8月1日に行われたDeNA対巨人で巨人の吉川尚が一塁にヘッドスライディングして左手を骨折してしまいました。

www.hochi.co.jp

吉川は絶対的なレギュラーである坂本勇人に代わってショートでスタメンで出ていた選手です。さらに18試合連続安打と好調でした。今巨人は首位の広島に10ゲーム以上離されている状況です。抑えのマシソンも怪我で離脱中です。

何が言いたいかというと、巨人としては非常に痛いということです。そしてヘッドスライディングは怪我をしにいったようなものであり、防がなくてはいけなかったということです。

超一流選手がヘッドスライディングをしない理由

例えばイチロー世界の盗塁王福本豊はヘッドスライディングを絶対しないと言われています。特に一塁への走塁の際は。なぜか。理由は2つです。

1つ目は駆け抜けたほうが早いから。最後飛び込むのではなく、駆け抜けたほうが早いというのは有名な話です。ではなぜヘッドスライディングをするのか。印象操作を狙ってるのかもしれません。しかしイチロー福本豊はヘッドスライディングしません。

www.news-postseven.com

2つ目は今回のような怪我です。野球選手にとって指は選手生命を左右しかねない重要な場所です。少しでも指を怪我しただけで試合に出れなくなる可能性があります。今回の吉川は骨折ということで、完全にアウトですが、突き指だって試合に出れなくなる可能性があります。

怪我の可能性があるのにわざわざヘッドスライディングする理由がないということです。

イチロー福本豊がヘッドスライディングする場面

しかしそんなイチロー福本豊でもヘッドスライディング、性格には手でベースを触りに行く場面はあります。

それは2つの場面です。

1つ目はリードしている状態からの帰塁時。この時は2人とも手から帰ります。でもこの時も気をつけないといけませんし、そこまでしないといけないようなリードの取り方に問題があるかもしれません。

2つ目は2塁、3塁、ホームベースで相手のタッチをかいくぐる時です。以前イチローがホームでのクロスプレーでキャッチャーのタッチをかいくぐって生還し、忍者走塁だ、なんてことを言われたことがありました。

www.youtube.com

この時はイチローでも手でベースを触りに行きます。ここポイントです。手でベースを触りにいくのであって、頭から突っ込んでいくわけではありません。あくまでタッチをかいくぐる技術的な問題であって、ヘッドスライディングをすること自体が目的ではありません。

いかに怪我をしないでシーズンを過ごすかというのは一流選手であれば皆考えていることです。守備の時もヘッドスライディングすると危険なのは一緒です。イチローはスライディングキャッチすることはありますが、全部お尻で滑っています。

巨人のコーチ陣はこういったことを教育しておくべきでしたね。

 

 

 

 

 

元DeNA、巨人の村田修一内野手を取る球団はなぜ現れないのか

full-count.jp

引退の可能性は十分にあると思います。村田も37歳です。同期、同年齢の選手はどんどん引退していってます。いわゆる松坂世代です。当の松坂も苦しんでいます。

高校時代は福岡の東福岡高校で4番でエース。甲子園にも行きました。大学は日大で打者に転向。そして2002年に自由枠で横浜ベイスターズに入団し、2012年からは巨人に移籍。

巨人にいる間もいろいろとありました。やはり高額年俸で他球団から引っ張ってきたというのもあったのかもしれませんし、もしかして原辰徳と合わない部分もあったのかもしれません。「強制帰宅命令」が出されたこともありました。

でも実力は誰もが認めるところです。

制度的な問題も?

実力があれば取ってくれる球団もありそうですが、大リーグと比較すると制度的な問題もあるのかもしれません。

確か大リーグだとシーズン終盤になると登録できる選手数が25人から40人に拡大されます。マイナーリーグの選手を試すためという理由もあるようですが、優勝を争うチームであれば、期間限定で実力のある選手を40人枠に入れるかもしれません。

特に指名打者制度のあるパリーグのチームでは村田が活躍できた可能性もなくはないです。

セリーグパリーグもシーズン終盤を盛り上げるためにクライマックスシリーズなるものを導入しました。下克上なるものも起こって、なんだか不思議な感覚ではありますが、まぁ盛り上がっているかもしれません。

そういう意味では選手起用の可能性をもっと広げるようなこともやって欲しい。1ヶ月間だけ支配下選手を増やして、それこそ今なら独立リーグから何人かスカウトするとか。二軍からでもいいですし、とにかくいろいろな選手が使えるような制度を試して欲しいです。

そうでなくてもシーズン終盤というのは選手が怪我で少なくなりがちな時期です。あまりに戦力が落ちてしまうと、見ているほうとしてもなんだか興ざめになるので、是非いろいろな制度を試して欲しいなと思うわけです。

村田のユニフォーム姿は再び見れるか。ユニフォームは今やプレミア化?!

 

声優・増田俊樹さんが独立からルパン3世まで

www.oricon.co.jp

失礼ながらも増田俊樹さんのことは存じ上げませんでした。いつからでしょうかね。声優の方のこういった独立やゴシップ、結婚、恋愛などがニュースになるようになったのは。

海外には声優という職業がないという話を聞いたことがあります。役者の人やタレントの人がやっているのだそうです。

おそらく日本も昔はそうだったのではないでしょうか。しかし日本の場合アニメが結構発達しましたね。その時に徐々に声優だけを仕事にする人というのが生まれて言ったのではないかと思います。

そもそも声優という職業があるということは、声優という仕事で生活が成り立つということですから、ニーズがなくてはいけません。

シティーハンター、キンニクマン、ドラゴンボールドラえもんクレヨンしんちゃんなどなど名作と言われるアニメにはいつも独特な雰囲気、声を持つ声優さんがいました。

 

シティーハンター冴羽りょう神谷明さん。

キン肉マンでも神谷明さん。

ドラゴンボール孫悟空野沢雅子さん。

ドラえもん大山のぶ代さん。

クレヨンしんちゃんしんのすけ矢島晶子さん。(現在は小林由美子さんに交代)

 

他にもサザエさんちびまる子ちゃんも声優さん無しではアニメが成り立たないといっても過言ではないでしょう。

こうやって見るとやっぱり声優という職業があって然りだというのがなんだか分かる気がします。

 

あ、忘れてました。ルパン3世の山田 康雄さん。そして有名な話ですが、山田 康雄さんが亡くなられた後を継いだのが物まねをしていた栗田 貫一さん。なんとも面白いですよね。ドラえもんの声は変わってしまいましたが、ルパンの声は変わって欲しくないな~ふーじこちゃ~んって声を聞きたいw

 

 

川本牧子さん、甲子園で打席に立ち、話題を呼ぶ

www.daily.co.jp

日本高野連の竹中雅彦事務局長は「今回の見学会は、背番号をつけていない選手やそのほかの人はグラウンド内には入れない、という規則だったので。女性だからダメ、というわけではない」と説明していた。

 本当にそのことが分かっていたからとめたのか・・・っていうかいいんじゃないですかね~相撲の土俵もそうですけど、確かに神聖な場所的な意味合いはあるのかもですが、この白山高校の川本牧子部長だって甲子園を支えている1人なわけで。

何か意味もなくルールを作ってしまっているような気もしますよね。女子マネのノック参加の時は危険性がネックという話でしたが、今回は練習をしたわけじゃなく、見学だったわけですし。

投手の投げ過ぎ、クロスプレーのスライディング、女子マネのノック参加、炎天下でのプレーなどなどいろいろと変わっていかないといけない時代になってきているわけです。

甲子園の価値を下げるのはよくないかもしれませんが、やたらと古い慣習を引き継ぐより新しい価値をどんどんと作っていって欲しいと思いますよね。せっかく今回出場校が56校と増えたわけで、普段の49校から7校も甲子園を体験できる高校が増えたわけです。

こんな貴重な体験はありませんから、是非楽しい思い出を持って返って欲しいところです。

甲子園が炎天下で何か怖い監督の下、従順な生徒が黙って言われるがままにプレーをし、中には壊れてしまう選手もいる、そんな大会から早く変わって欲しいと願うばかりです。